岩本 光弘 <映画プロデューサー>

 

1970年東京生まれ。

東京理科大学薬学部製薬学科卒業後、製薬会社に勤務。

退職後、フリーの制作部として『死国』(長崎俊一監督)、『リング0 バースデイ』(鶴田法男監督)、『郡上一揆』(神山征二郎監督)、『三文役者』(新藤兼人監督)、『ひとりね』(すずきじゅんいち監督)などの撮影現場に従事。

2004年にシネマアートン下北沢支配人に就任。

劇場閉館後、シネマート新宿・六本木の劇場番組編成に従事した後、独立。

プロデューサー作品は『アワ・ブリーフ・エタニティ』(福島拓哉監督)、『ナイトピープル』(門井肇監督)、『キミサラズ』(井川広太郎監督)、『モダン・ラブ』(福島拓哉監督)など。